スタッフブログ

STAFF BLOG

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 外壁のコーキング工事ついて

外壁のコーキング工事ついて

2020/06/16

 

こんにちは!

地元密着創業49年!

東海市・知多市の新築注文住宅、リフォーム、リノベーション専門店の

株式会社ウイング 営業担当の伊藤 渉です。

 

 

今回は外壁のコーキング工事について

書いていきたいと思います。

 

 

主に外壁塗装工事や外壁張替工事で

コーキング工事も行うことが多いですが、

 

そもそもコーキング工事とは・・・

 

 

建物の隙間を埋めるための

非常に伸縮性のある素材(コーキング)を

 

外壁のサイディングボードや

ALCなどボードとボードの間を埋める工事です。

 

また、外壁目地の隙間にコーキングを打つことで

雨漏れの防止にもなります!!

つまりこのコーキング工事は非常に重要な工事となります。

 

 

 

コーキング工事での

コーキング打設方法は施工する箇所によって工法が違います。

 

今回はそちらを紹介致します。

 

 

縦目地・横目地を施工する時

 

 

《施工前》

古いコーキングが劣化し隙間が出てきています。

 

 

 

 

 

《古いコーキングを撤去》

 

目地の両側にカッターを入れて古いコーキングを全て撤去します。

 

 

 

 

 

《プライマー塗布》

目地の中のゴミを取り除いたらコーキングがはみ出さないようテープを貼り

プライマーという接着剤を塗ります。

 

 

 

 

 

《コーキング打設》

新たにコーキングを打っていきます。

 

 

 

《へらでならし》

コーキングをへらでならしてあげます。

 

 

 

 

最後にマスキングテープを外して完了となります。

 

古いコーキングを撤去してから、打ち直しする工法

撤去・打ち替え工法といいます。

 

 

サッシ廻りや入隅等

 

 

清掃後マスキングテープを貼り、プライマー塗布した後に

コーキング打設、へらでおさえならして完了。

 

 

 

《完成》

 

サッシ廻りは古いコーキングを取らず増して打つ工法

これが増し打ち工法といいます。

 

サッシ廻りは増し打ちすることで

コーキングが二重になり、防水性能が高まります。

 

また撤去費用がかからないので、

撤去打ち替え工法に比べて費用が安くなるというメリットもあります。

 

ただしコーキングの劣化が激しい場合や、

サッシとの段差が少ない場合は撤去打ち替えが必要となります。

 

このように施工箇所によって

施工方法を変える必要があるのです。

 

 

 

建物の中でも非常に重要な役割を果たすのが、

このコーキング工事です。

 

外壁塗装工事の時どうしても塗料のグレードに目がいきがちですが、

下地の部分のコーキング工事は大切ですので

 

是非覚えておいて頂けたらと思います。

 

 

それでは本日はこのへんで,,,

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

 地域密着・創業49年!

 地元 東海市をはじめ、知多市・大府市・東浦町・阿久比町・

 半田市・常滑市・武豊町・美浜町・南知多町の知多半島で

 

 新築注文住宅、デザイン住宅、デザインリフォーム、デザイナーズハウス、

 リノベーション、リフォーム、外壁塗装、屋根塗装は、

 株式会社ウイングにお任せください!

 

 \お家でお困りのことやご相談がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!/

 電話・メール・来店予約はこちらから⇨ http://wing-group.jp/contact/

 

 ・

 ・

 
 株式会社ウイング
 
 愛知県東海市大田町畑間71-1
 
 フリーダイヤル:0120-15-2288
 TEL:0562-36-1820 FAX:0562-36-1821

 営業時間:AM 8:30 ~ PM 5:30
 定休日:なし(年末年始・GW・お盆はお休み)

スタッフブログ

ご相談・資料請求